【サッカー日本代表】W杯決勝トーナメント出場おめでとう!!

【サッカー日本代表】W杯決勝トーナメント出場おめでとう!!

いよいよ全グループのリーグが終了し死闘の中、辛くも出場を果たした。
メディアでは連日の報道がワールドカップ一色になり、大変嬉しいです。
日本代表の試合の日は連日渋谷は大盛り上がりです。逮捕されている人もいるようですが。。。

コロンビア戦の奇跡的勝利

監督が変わり、その後勝利のなかった日本にとって最悪の相手でした。
日本に流れが来ることなど始まる前に期待していた国民はきっと少なかったはず。
私もそうでしたが「引き分けまで持って行ってくれれば」「負けてもいいから次戦につながるような試合を。。」
などと、消極的な考えを持ち試合を見ていた人は少なくなかったはずです。

開始3分で、コロンビア選手がペナルティエリア内で故意に手を使いシュートを防いだと審判が判断し一人退場。
PKを日本の10番、香川選手が冷静に決めて1−0に。
その後数的有利の状態のまま、試合は進むが日本も上手く決めきれない。
実力で上回るコロンビアが意地を見せて1−1に追いつくが、途中出場のエース本田選手のCKから大迫の半端ないヘディングでコロンビアを突き放す。
そのまま2−1で試合終了し、日本は奇跡的勝利をものにした。

この試合が行われる前、本田選手はネットやメディアから叩かれていた。
西野監督についても、年寄りばかりのメンバーやスポンサーを気にしたメンバーを選択したとして「忖度ジャパン」などと揶揄されていた。
日本国民からも見放され気味だった状態でW杯が始まり、1試合目の強敵相手に奇跡の勝利。
映画になってもいいレベルで感動しました。始まる前の日本の雰囲気はW杯を気にしている人が少なくサッカーに興味ない人は全く盛り上がらないと思っていましたが、この次の日の職場ではこの話で持ちきりでした。

セネガル戦の奇跡的引き分け

コロンビアに引き分けた後、完全に流れに乗った日本代表はスターティングメンバーも前戦と変えずにセネガルとの戦いに挑む。
GK川島のパンチングミスから日本は先制を許してしまった。個人的な感想ですが、日本代表は先制されると流れを崩し、そのまま崩壊していく特性があるように思っていたため、この瞬間「負け」を覚悟しました。

しかし今回の日本代表は違う。先制されても追いつく強い心があった。これは経験豊富な選手がフィールドにいることが大きく影響しているのかもしれません。

せっかく追いついた日本だったがまた、1−2に突き放されてしまうが本田がここ一番で値千金の同点ゴール。
これにより2−2で試合終了。
ネットでは本田に謝罪するものが多く見られた。
これまでは「本田が出るんなら、試合見ないわ」という書き込みが多数あったがその意見はこのゴールにより「本田△」という意見に変わった。

ACミランに在籍していた頃、毎日試合の結果によって意見をコロコロ変えていくイタリアメディアに対して「手のひら返しが多すぎる」と匿名掲示板やツイッターなどで話題になっていましたが日本も結局一緒でしたね。
まぁそれだけ真剣に日本代表を応援しているということですね。

ポーランド戦に敗退したが、決勝トーナメント出場決定

現在物議を醸している、このポーランド戦。
先発を6名入れ替えて主力を温存する作戦に出た、日本代表。
これで出場できれば、決勝トーナメントを全力で戦えるが大幅な変更は少しサポーターを不安にさせた。
この情報はスタメン発表よりかなり早くネットニュースに流れていましたが、日本のメディアが非公開の練習時の情報を漏らしてしまったようですね。
なぜ不利になるようなことを。。本田選手が怒ってましたよ。。。
試合以外のことで、選手の神経を逆なでするようなことはやめて欲しいですね。

別に私たちは、試合1時間前のスタメン発表より早く知りたいとか思っていませんので。

この試合で問題になっているのは0−1で負けているのにもかかわらず、コロンビア対セネガル戦の試合結果から、このままいけば日本がフェアプレーポイントで上回り、トーナメント出場できるため後方でパス回しをしたことが原因です。
ポーランド戦に負けたとしても決勝トーナメントにいけるような状況を作ったのも日本なわけで、それを叩かれるのはお門違いな気がします。
無駄に攻めて、カウンターで追加点を与えてしまっていたら、それこそ西野監督は叩かれまくっていたでしょう。

まさか決勝トーナメントまで楽しみになるとは!日本の勝利を期待してます!!

スポーツカテゴリの最新記事