何故歩きタバコは減らないのか

何故歩きタバコは減らないのか

喫煙者は減少し電子タバコが普及している昨今でも何故、歩きタバコが減らないのか。
そして若い人の喫煙率は減少傾向にある。ここから見える答えは、もともと若年者の歩きタバコは少なく、中年以降の歩きタバコが多かったということです。

 

おっさんは何故歩きタバコをするのか

おっさんは居場所がない。家庭にも。そしてきっと職場にも。
そして、この禁煙ブームが始まる頃にはおっさんになり周りには注意する人がいなくなってしまった。
家に居場所がないおっさんが、外に放流されタバコを吸うのは自然の流れではあります。
しかし、そこには非喫煙者達が多数います。

タバコは依存性があり、なかなかやめることができません。私もその一人です。
しかし、私はどれだけタバコが吸いたくても喫煙所以外の場所で吸ったりはしません。
それはゆとり教育ですら教えられてきた、他人に迷惑をかけるなという教育が根っこにあるからだと思います。
こういう常識がないおっさん達は普段どういう環境で過ごしているのか、考えて見ました。

他人に迷惑がかかっているなど、おっさんは考えない

歩きタバコをしているおっさんは、他人に迷惑がられているなど考えていません。
きっと注意をすれば、予想外の反応を示すでしょう。
なので、自ら正義感を出し注意するのは極力避けてください。
最近のニュースなどを見ていればわかると思いますが、キレやすいおっさんが増えてきているためそんなことで人生を棒にふることはありません。

人に相手にされなくなったおっさんはストレスを溜めています。
近くにいないことが1番ですが、通勤時など急いでる時はこちらが迂回するのも馬鹿らしいですし。
現状、警察に取り締まる事はできないし歩きタバコしている瞬間に通報しても間に合うとは思えません。

いつ歩きタバコは無くなるのか

しばらくは無くならないでしょうね。歩きタバコしている人たちは、どこかでカッコイイと思っていると思います。
ヤンキーが喫煙を始める理由と、歩きタバコをしている理由は近いものがあると思います。
おっさんに限らず、「こんな所でタバコ吸っちゃっている」という快楽を感じていると思います。

最近はタバコタバコを吸っている事自体が、かっこ悪いという風潮になってきています。
それはとてもいい事ですし、事実かっこ悪い。
こんな事1つやめられない、人間がかっこいいとは到底思えません。

タバコは簡単にやめられないのか

正直、簡単にはやめられません。血中のニコチンは麻薬とり早く身体中に運ばれます。
私は2時間経つと吸いたくなってしまいます。
私くらいの依存度になってしまうと、軽い決意ではやめられません。
30歳になる前には必ずやめて見せます。

しかし喫煙者として歩きタバコには厳しい罰則を科した方がいいと思います。
そうでないと喫煙者として、風当たりは強くなる一方です。

ニュースカテゴリの最新記事