はたらく魔王さま!の2期制作の可能性はあるのか?

はたらく魔王さま!の2期制作の可能性はあるのか?

2013年に放送された「はたらく魔王さま!」。
放送をきっかけに大人気作品になった本作ですが果たして2期制作の可能性はあるのか!?
1期はdアニメにあるのでまだ見ていない人は、是非見てください。

どんな話なの?

異世界で勇者に追い詰められた魔王が日本に逃げ込みアルバイトをしながら元の世界に帰る方法を模索しながら話は進んで行く。
時給が上がった事に大喜びする魔王の貧乏生活に一人暮らししていた事のある人たちは共感する部分が多いのではないでしょうか。
マクドのクルーとして真面目に働く一面を持ちつつ、仲間思いの魔王を目の当たりにした勇者はやり場のない気持ちを抱え込んでしまいます。

追い詰めた勇者自身も魔王を追って日本にやってきていて一人暮らししているが、魔王よりは余裕のある暮らしに見える。
実年齢を誤魔化し、コールセンターで働く日々を過ごしながら魔王を監視している。
監視しているうちに、元の世界で見ていた魔王と目の前の魔王にギャップを感じ、最初はお互いにいがみ合っていたが、次第に協力し合うようになって行きます。

ラノベによくありがちなハーレム状態になる事はないので、女性の方も見やすい作品なのではないでしょうか。

1期の売り上げは?

2期制作への最も重要なポイントとなるのが1期のDVD売り上げ枚数である。
このボーダーラインは基本的に5000枚と言われている。
はたらく魔王さま!1期の売り上げは平均11,000枚の売り上げを記録している。

個人的に観ていた感想としては、この打ち上げはもちろん納得の数字を叩き出していると思います。
ファンタジー要素が強い作品ですが、現実的な要素も多々あり、笑いのセンスも非常に高い上に泣ける要素もあります。
泣き要素は笑い要素に比べて少ないため、気軽に笑いたい時に見るには最高の作品だと思います。

1期の大奮闘もあり、2期制作へのボーダーラインは十分に超えていると考えていいでしょう。
では何故、今まで2期の制作が始まらないのでしょうか。

原作のストックは?

現在までに刊行されている巻数は18巻です。
アニメ1期では2巻までの内容を使っていますので、原作のストックとしては十分すぎるほど溜まっていますね。
つまり原作のストック不足という線は無いです。

電撃文庫側の意向

理由としてはこれが一番濃厚である。というより、これしか考えられません。
電撃文庫は2期制作の速度が遅い事で有名です。他の電撃文庫発のアニメを見てみればわかると思いますが、大人気の原作でもストックが溜まっていても2期を製作するより、新しい作品を製作する方針があるようですね。

確かに既にアニメ放送し、固定ファンを獲得した作品の2期を製作するより新たな作品を放送したほうが良いという意向もわかるが、この面白い作品の2期は是非作成してほしい。

2期制作を期待されているアニメはたくさんありますが、この作品は是非作成して欲しいところです。
しかし、時期を逸してしまうと作成されなくなる可能性が高くなってしまいます。とある魔術の禁書目録は長い間作成されませんでしたが、とうとう3期の放送が決まったため、それも一概には言えませんが。。

とにかく、2期を期待しながら待ちたいですね。

 

今後作成される可能性はあるのか?

最初の作成から5年も経ってしまっている経過から見て、可能性は低いでしょう。
原作者のTwitterを拝見する限り、アニメ放送したいという気持ちはありそうですが制作サイドが首を縦に振らないところが原因っぽいですね。

原作者と同じく、アニメファンも原作ファンも是非2期の制作に踏み切って欲しいと思っているはずです。こんなに楽しい作品を眠らせたままにしておくには勿体無い限りだと思います。

大人気の「とある魔術の禁書目録」ですら3期制作はかなり遅れていたこともありましたので可能性はゼロではありません。

原作の売り上げが引き続き良好であれば、もしかしたら2期制作に踏み切ってくれるかもしれません。
応援しながら気長に待ちましょう!見てない人は是非見てください。
気楽に見れるオススメ作品です。

遊佐恵美が可愛すぎる件

勇者として本作に登場する遊佐恵美。
とにかく可愛すぎる。
魔王を倒すべく、エンテ・イスラから日本へやってきた。

最初は魔王を倒そうと尾行したり、いつも一生懸命なのですがたまに空回りしてしまう可愛さもある。

魔王と違い、計画性があるため戸籍は成人として登録しているためバイトでは無くしっかりとした定職についている。
本気を出せばめっちゃくちゃ強いんだが、ドジな所も多いためそっちが注目される事が多い。

とにかくアニメ「はたらく魔王さま!」を観ていて一番好きになったキャラクターはダントツでこの遊佐恵美でした。
遊佐恵美をもっとたくさんみたいし、もっと遊佐さんが主となる話をやってほしいですね。
いきなり2期制作が難しいのであれば、劇場版をやってくれれば全然観に行きますので是非やってほしいですね。

アニメカテゴリの最新記事