僕のヒーローアカデミアを読んでないやつは、この時代を生きる資格はない

僕のヒーローアカデミアを読んでないやつは、この時代を生きる資格はない

僕のヒーローアカデミア、通称:ヒロアカ。
人類に個性という能力が目覚めた世の中で、ヒーローという職業が脚光を浴びている。

そんな世界で、ヒーローに憧れる主人公の緑谷出久
幼少期に病院で無個性である事を告げられ、ヒーローを志す事に迷いが生じてしまう。
同級生からも無個性である事を馬鹿にされ、ただのヒーローオタクとして生きてきた彼が、ある日憧れのナンバーワンヒーローと出会い、物語は始まる。

個性が無い僕でも、ヒーローになれますか?

これまで、ずっと表に出せなかった感情を少年が勇気を振り絞ってした質問。
しかし、答えはノーだった。
これは正直、どの世界でも、現実世界でもそうだと思う。
どれだけ好きでも、才能が無ければできない仕事。才能があっても生かす環境がない事。

緑谷出久は、この世界の圧倒的な才能の個性がなかった。
しかし彼の心の中は誰よりもヒーローで、ナンバーワンヒーローであるオールマイトを動かすほどの心があった。
心を動かされたオールマイトは自身の個性ワンフォーオールを譲渡する事を決意した。

アニメでは、ここまでの話を2話くらいで放送しているのですが、ここまでで十分泣けます。
これで泣けない人はいないと思います。

漫画としては現在のジャンプの看板を背負っているくらいなので、話題性としても申し分ないです。

映画化も大成功で超人気作品

映画も最高でした。
雄英高校1-Aの大活躍もそうですし、正直オールマイトの健在の姿を見るだけで涙腺が緩くなってしまいますよね。
特典に0巻がついているので、ファンの人たちは即時見に行く人が多かったのではないでしょうか。

ヒロアカの凄いところは、キャラ一人一人がしっかり描かれてて、それぞれの魅力が引き立てられている事ではないでしょうか。
それは敵でもそうです。

それぞれの思いがしっかり描かれているからこそ、作品に引き込まれ感動が生まれてくる。
これだけキャラがしっかり描かれていると、物語が勝手に動いて行くような気がしますので話は尽きないと思いますが。時間が進んでいるので、終わりがあると思うと悲しいです。

どんなバトルが繰り広げられるの!?

これはワンピースとハンターハンターの間というのが、私の個人的な回答です。
ワンピースほど気持ちでごり押し系ではありませんし、HUNTER×HUNTERほどロジカルな駆け引きを必要とはしていません。
キャラによっては個性でゴリ押しっていうのもいますけど。
主人公の緑谷出久が勝つための最善の努力をするため、基本的にロジカルよりではありますね。

最初は体をボロボロにしながら、戦っていて見ているこちらが目を覆いたくなる場面が多かったのですがシュートスタイルを身につけた最近は、安心して見ていられる場面が増えましたね。

 

腐女子人気も高い!!

昨今の漫画業界では、このステータスは切り離して考えられない要素となっているのではないでしょうか。
SNSの普及で同じ趣味をもつ仲間が増えて、以前よりも腐女子である事を公言しやすいような世の中になってきていると思います。

男性のゴリゴリのオタクより、腐女子の方が言われた時の衝撃が少ないような気がしますし、腐女子の人って本当に言われないとわからない人が多いですよね。

本作は女性キャラも生き生きと描かれていますが、男性キャラがカッコよく高校生らしくカッコよく描かれているのも特徴的です。
爆豪や轟といったキャラが人気高いですね!
もちろん、私のような男性読者も楽しめる作品ですので、みなさんも是非読んでみてください。

アニメカテゴリの最新記事