競女はめちゃくちゃ面白いアニメだった

競女はめちゃくちゃ面白いアニメだった

みなさん、競女という最高のアニメを知っていますか?
アニメをリアルタイムでやっていたくらいの時に、コマーシャルを何度か見かけましたが全然どんな内容のものなのか知りませんでした。

この前、dアニメに競女を見つけて鑑賞したところ、馬鹿馬鹿しくて面白くて一気に全話観てしまいました。

競女とはどんなアニメなのか

まず競女とは、競馬や競輪と同じ方向性で競女という競技が盛んな世界で高校を卒業した神無のぞみが競女選手を目指し養成学校に入学するところからアニメは始まり、プロになるところで終了する。

つまり養成学校での話がアニメの全てである。
貧乏な家庭で育った彼女は競女選手となり、一攫千金を狙う。
養成学校は東西で1校ずつあり、最後は激アツの東西線でアニメを締めくくる。
主人公が所属するのが西というのは珍しい気がします。

どんな競技なのか

競女選手たちは水着を着用し、水上に浮いたランドとと呼ばれる島の上に立ち、胸と尻を使いランドから落とし合い最後まで立っていた者が勝者となる。

選手それぞれの戦い方にタイプがあり、インファイター、アウトファイター、カウンターの3つに大別される。
その辺の作りは少しボクシングに似ている。
私達が思っているより、尻や胸による攻撃は強く場合によっては尻を振った風圧で水着が破けたり、揺れる乳で催眠術をかけたり出来る。

競女の何が面白いのか

真剣であること
ここまで読んでいただいた方は、少なからず馬鹿馬鹿しいとか、くだらないとか思っているかもしれませんが、こんなにくだらない競技を真剣に命を賭けて闘う。
ただ、一心不乱に胸と尻を振り相手を落とすために様々な技術を真剣に磨き続ける。
こんなに面白い作品を、くだらないという理由だけで観ないのは勿体無いのではないでしょうか。

戦いを盛り上げる必殺技の数々

選手それぞれに必殺技があります。
主人公たちは、入学後に肉体を鍛えながらそれぞれが必殺技を習得していきます。
ここでは印象に残る一部の必殺技を紹介しようと思う。

・真空烈尻(しんくうれっけつ)
主人公が使う必殺技。
体操で鍛えた身体能力を最大限に生かし、ロンダートやバク転を織り交ぜながら回転力を高め最後に尻を振ったときの衝撃波は他の必殺技とは一線を画す。
「真空烈尻を制す者が、その年の賞金女王」と言われるほどの技である。
それほどの威力を秘めている為、この技を受けたものは水着が破けたりもする。

強力すぎる技である為、数々の競女選手が選手生命を脅かす怪我を負ってしまう。

・K acceralation
主人公と一緒に入学した宮田選手の必殺技。もともと柔道をやっていた彼女が編み出したこの究極の必殺技は常人の理解できる範囲の外にある。
最初のKは<食い込ませ>の意味である。
水着を食い込ませることにより、お尻と水着の接地面を減らすことにより空気抵抗が減ったり、骨盤の動きを滑らかにすることにより爆発的なスピードを生み出すことができる。

強力な技であることからリスクもあり、一定時間しか使用できず体力を使い切ってしまう場面が多く観られる。

・尻ガトリング
ほとんどの方には目で追う事も不可能であろう技。
アウトファイターの多くの選手、つまり尻数の多さで戦う対応の選手はこの技が使えないとインファイターには勝てないだろう。
一発一発の威力は大したことないただの尻だが、この数では捌ききれずに押し切られてしまうだろう。

・乳催眠
催眠術をかけるときに、よく五円玉を紐にぶら下げてゆらゆらさせているのを観たことあると思います。
尻がメインの中で強力な乳技であるこの技は、あの揺れる5円玉の役割を乳に担ってもらい、乳を見たが最後。
催眠にかかってしまい、解く方法はない。

アニメカテゴリの最新記事