[M-1]霜降り明星の優勝、騒動のせいで霞む

[M-1]霜降り明星の優勝、騒動のせいで霞む

最年少の優勝を華々しく飾った霜降り明星だが、大会後の打ち上げ会場での騒動により、その輝きが霞んでしまっている。

毎年、行われる本大会でグランプリを獲得したものは数々のニュースに扱われ、番組に呼ばれる中で人気を獲得していくものが多い。

しかし今回ニュースに扱われているのは、優勝した霜降り明星ではなく、スーパーマラドーナととろサーモンだった。

楽しく神聖な決勝の舞台

かつて、様々な芸人がこの場で脚光を浴びて人気を獲得していきました。
その日のうちからニュースに取り上げられて世間からも注目されてきた今までのチャンピオンたち。
今年もレベルが高くて、鑑賞していてどこが優勝してもおかしくないと思えるほど。

そして和牛、ジャルジャルを抑えて見事に栄冠を勝ち取ったのが最年少の霜降り明星です。
しかし、今回はチャンピオン以外のところに世間の注目が集まっている。

前大会チャンピオンのとろサーモン 久保田と今大会4位のスーパーマラドーナ 武智が打ち上げの様子をインスタライブにて配信した事が、この騒動のキッカケである。

何故インスタライブを??理由はお酒

最近のバカッターやハロウィンの騒動を知らない人は少ないでしょう。
芸能人の様に世間から注目される職業に就いているならなおさらです。

理由はお酒だそうです。
アルコールは人の判断力を鈍らせますが、私としては問題の根底では無いと思います。

打ち上げの様子をインスタで配信する事は問題ありませんが、配信している中でM-1審査員である上沼恵美子を批判した事が問題となっています。
スーパーマラドーナ 武智としては、審査員が良ければもっといい順位が取れたという思いからやったしまったのかもしれないが、残念ながら7位であるため上沼恵美子が別の審査員でも上位3位に食い込む事は不可能である。

下記の表をご覧頂ければわかるが、スーパーマラドーナに厳しい採点をしたわけではない。ミキに対しての採点が甘いという声もあるがスーマラへの採点や順位には関係ないだろう。

しかし、スーパーマラドーナの漫才ももちろん面白かったしこの騒動さえ無ければよかったのにと今でも残念です。

自分以外への配慮が足りない

すごくプラスに考えるなら、言わずにはいられないくらい真剣だったという事。
M-1でグランプリを獲得すれば、ある程度の知名度獲得を約束されるし一定期間、テレビ出演に引っ張りだこになる。

死にものぐるいで作ったネタが、特定の人物の採点により悪い結果をもたらしたら誰でもツライのはわかります。

しかし、今回最も辛い思いをしたのはスーパーマラドーナ以外の出場者である。
今回の審査を疑うという事は、高評価をもらっている他の芸人は本来であればもっと下ということになりかねない。

せっかく面白かったのにもったないない

つまらない漫才をして、批判して干されるのであればどうでもいいのだが相方の田中も、やる気のない芸人としてアメトーーク!でも人気が出てきていただけに非常にもったいない騒動です。

軽はずみでやってしまったネット配信かもしれませんが、ダメージは大きいでしょう。

これから楽しみな時期に入りそうだったのに、最も苦しい時期に突入することは免れないでしょう。

上沼恵美子は怒ってない

激怒しているという記事をよく見かけますが、特にこの事については怒っていないようです。

審査員引退宣言も、この騒動が耳に入る前に発表していたそうです。
この大人の対応をみると、やっぱり批判したのは間違いだったのだなと世間はみるでしょう。

思わぬ副産物

誰もが知るレジェンド芸人のダウンタウン松本人志が上沼恵美子の番組に出演する可能性が高くなってきた。

M-1のトークにもあったが、上沼側からオファーをもらったという話だったが、同じ事務所の後輩が騒動の発端という事もあり、本出演も断りづらい状態なった。

視聴者としては2人の絡みが楽しみなので、是非出演を受けて欲しいところだ。

これからの社会人の在り方

今回の騒動として、芸能人に限った話では無いことがよくわかります。
芸能人が起こした件は、たとえ小さくても大きく取り上げられてしまうため注目を集めてしまいがちですが、会社員や公務員の方でも最近SNSが原因でクビになったりしていることが多いようです。

これだけ情報の閲覧が簡単になっている世の中で、何の知識や注意もなくみんながやっているからという理由だけでSNSをやるのは危険ですね。
ちゃんと理解さえしておけば業務上の機密事項をSNSで発信して注目を集めようなどという考えはなくなるはずです。

一般時と違い、芸能人はSNSも仕事の一環なのでやること自体はとてもいいことだと思います。
番組の告知などもCMだけではなくてSNSを使うことによって若い人にも観てもらうことができるように努力している証拠だと思います。

しかし、今回の使い方は全く異なった使い方だし判断力に欠けた行動だったと思います。
結局謝罪すならやらない方がいいですよね。

みなさんもSNSをやる場合には気を付けてください。

芸能カテゴリの最新記事