サッカー日本代表、アジア杯2019メンバーが決定

サッカー日本代表、アジア杯2019メンバーが決定

激闘のW杯を終え、世代交代を図っている森保ジャパン。W杯後、初の公式戦ということもあり世間の注目度も高い。
発足から無敗のサムライブルーなだけに、期待度もかなり高いのでどうしても優勝を期待してしまいますよね。
やはり日本国民としてはアジアチャンピオンの座を奪還してほしい!

香川真司は招集されず

発表前から香川の招集が期待されていたのですが、残念ながら招集はされませんでした。
森保監督は「力を借りたい気持ちもあった」と取材に応じていますが、香川自身もドルトムントで招集外が続き苦境に立たされている状況ですのでパフォーマンスが不安定になる可能性が高いでしょう。

そんなスターである香川真司を招集せずとも、今回の大会は高い。
何故ならここまでの森保ジャパンの無敗は新世代を主体として築き上げたものである。

もちろん、ロシアワールドカップに出場した全員を切り替えるのではなく良い塩梅で新世代との融合を課題としている。
その結果として、中島・南野・堂安の新ビッグ3が誕生した。

最近はコンビネーションも向上してきて、見ていてドキドキ感の中に安心感も芽生えてきた。
圧倒的にリードしている場面でも、自ら結果を出すことに躍起になる姿に応援している方も常に楽しく見ていられます。

2019アジアカップメンバー

招集メンバーは以下
■GK
東口順昭/ガンバ大阪
権田修一/サガン鳥栖
シュミット・ダニエル/ベガルタ仙台

■DF
長友佑都/ガラタサライ(トルコ)
槙野智章/浦和レッズ
佐々木翔/サンフレッチェ広島
室屋成/FC東京
三浦弦太/ガンバ大阪
冨安健洋/シント=トロイデンVV(ベルギー)
吉田麻也/サウサンプトン(イングランド)
酒井宏樹/マルセイユ(フランス)

■MF
遠藤航/シント=トロイデンVV(ベルギー)
青山敏弘/サンフレッチェ広島
伊東純也/柏レイソル
中島翔哉/ポルティモネンセ(ポルトガル)
南野拓実/ザルツブルク(オーストリア)
堂安律/フローニンゲン(オランダ)
原口元気/ハノーファー(ドイツ)
柴崎岳/ヘタフェ(スペイン)
守田英正/川崎フロンターレ

■FW
北川航也/清水エスパルス
大迫勇也/ブレーメン(ドイツ)
浅野拓磨/ハノーファー(ドイツ)

注目すべき点

森保ジャパンとしては見慣れたメンバーとなっているのではないでしょうか。
しかし、注目点としては杉本が外れて浅野拓磨が招集されています。
これまで、杉本が呼ばれ続けていたのは大迫の代わりになる選手を探してきたのでしょうが、大迫がいない場面では攻撃が上手くいかない状態が続き前線でダイナミックな攻撃ができませんでした。

大迫が生み出すタメは今の日本代表にとって必須のものとなっています。

大迫が出場できない場面では、システムを2トップにしてスピードのある浅野が活きるようなフォーメーションを組むことが予想されます。
後半、相手の足が止まった場面ではスピードに特化した浅野が重宝される場面があることでしょう。

前回から柴崎岳が招集されて注目を集めていますが、ネット上の意見では賛否がわかれています。
所属チームで出場機会に恵めれず、パフォーマンスが心配されています。
確かにワールドカップ時ほどのパフォーマンスを見てしまってからでは、がっかりしてしまう事もあるかもしれません。
しかしアジアカップは今までと違って公式戦なので調子を上げてきてくれるのではないでしょうか。

期待してサムライブルーを応援しましょう!!

スポーツカテゴリの最新記事