約束のネバーランドがアニメ化するけど、予習できている?

約束のネバーランドがアニメ化するけど、予習できている?

「約束のネバーランド」が2019年1月からアニメ放送されます。
週刊少年ジャンプで連載中の大人気漫画です。
もちろん私もジャンプで読んでいるのですが、1話目からずっと面白いですね。
NARUTO・銀魂・BLEACHが終わり、どうなるかと思っていましたが最近のジャンプは当たり作品が多いので、嬉しい限りですね。

ジャンプを支える人気作品の一つ

人気作品が故に今回のアニメ化を待望していた人が多いのではないでしょうか。
私もその一人です。
進撃の巨人が好きな人は間違えなく本作は好きだと思います。
パクリだと揶揄する人もいますが、そうは思えません。味方側に鬼はいませんし、鬼には生まれた時から鬼です。

2016年から連載を開始
白井カイウ(原作)
出水ぽすか(作画)
担当編集者からジャンプ作品らしくないと言われていたが、今ではしっかりジャンプ作品になっていると思います。

ジャンプ作品らしくないって、どんな話なの?

ジャンプといえば、元気な主人公がライバルと切磋琢磨し自信を成長させていく作品が人気を獲得する事が多いです。
確かに本作はライバルは存在しないですね。

今までの伝統的な作品が好きな人はもしかしたらケチのつけたくなる作品なのですが、人間ならではの知性を使って自分より圧倒的に強い存在に勝つと言う叛逆の作品が好きな人はすごいハマる。
最も最近の漫画の作品の傾向的に伝統的なバトル漫画は数が少なくなってきているように思えます。

散々見てきましたし、ONE PIECEが絶対的なエースとしてジャンプに存在しているため別角度の漫画があった方が読者としても楽しめます。

GFハウス脱獄編

最初は本作の主人公、エマが育てられた施設を脱獄するまでの話。
親のいない孤児達が預けられて、里親が見つかると外に連れ出されるという普通の孤児院のようだが、実態は全然違う。

人間を好んで食べる鬼に、食用として人間育てる農園がエマがいる孤児院(グレイス=フィールド)だ。
人間は脳が一番美味しい部位とされ、頭が良い方が甘美な味がすると言う。
なので、エマ達は勉強をやらされます。そして成績が悪いものは早めに出荷され、良い成績を出すと一番良い頃合い(12歳前後)に出荷されてしまう。

その事実に気づいたエマ・ノーマン・レイの三人は管理人であるママにバレないように脱獄を画策する。
アニメ化ではこの脱獄編までをやってくれるのではないでしょうか。
非常にテンポが良く、息つく暇も作品なので楽しみ。

アニメカテゴリの最新記事