米津玄師、待望の紅白出場決定

米津玄師、待望の紅白出場決定

平成最後の年、2018年も終わろうとしていてNHK紅白も間近に迫ってきました。
去年の紅白は安室奈美恵が出場したことにより、話題となりましたが今回の主役は大人気アーティストの米津玄師が出場することにより世間を騒がせています。

米津玄師という天才アーティスト

若者に人気のイメージがありますが、紅白出場によりさらに人気の幅を広げるのではないではないでしょうか。
現在は人気すぎてライブのチケットを取るのも大変。。
曲調の印象としては、ネガティブな感情の中に潜むポジティブな部分を歌い上げるような曲が多いです。
なので全体的には暗いイメージですが、その中に天才的な心に響く部分がそれぞれの曲に散りばめられていて全てのアルバムを購入してしまいました。

そんな中、紅白出場により米津玄師が歌っている姿を観れる機会が出来たことでファンも嬉しいのではないでしょうか。
これを機に毎年出場してくれればうれしいのですが、今回は徳島県からの特別出演みたいなのでまずは今年の米津玄師を応援しましょう!

出場曲は「Lemon」

聴いた事がない人はほとんどいないと思います。
無いと言い張ってら人がいても聴けばわかります。
本人はこんなに売れると思ってなかったと言っていますが、誰もが好きになる名曲ですね。

この曲は石原さとみ主演のドラマ「アンナチュラル」の主題歌としても有名です。
曲が良すぎて、YouTubeでのミュージックビデオ再生回数が2億回を突破したことも話題となっています。

悲恋の感情や後悔が聴き手側に伝わってきて、大サビの変調するところは鳥肌が立つほどに迫力があります。

参照 ウサKICHIの冒険

これまでの米津玄師

今では紅白に出場する事で世間を騒がせている米津玄師ですが、デビューのきっかけはニコニコ動画にアップロードした曲のクオリティの高さです。
当時ニコニコ動画が全盛期だったこともあり、ボーカロイドを使用したボカロPとして曲を披露していく内に徐々に知名度が上がってきました。当時の名義はハチ。
その時の曲マトリョーシカは聞いたことある人も多いのではないでしょうか。

その後、「ボーカロイドを隠れ蓑にしたくない」と本人の意向もあり姿を晒してメジャーデビューします。
ダンスや絵の才能も有り、ミュージックビデオでもその才能を発揮してますね。
これだけ多彩なアーティストは珍しいかもしれません。
最近はアーティストがドラマなどで演技することが多くなってきましたが、米津玄師はその可能性は低そう。
ファンとしてはドラマで熱演する姿より、これまで通り楽曲を披露する姿を見たいと思っています。

おすすめの曲は!?

ここまでいい曲がたくさんある人は珍しいので厳選するのが難しいですが、個人的に好きな曲を3曲ピックアップします。

1.Neighbourhood
この曲は1日1回は必ず聞きます。
個人的には米津玄師らしさが最も詰まった曲だと思います。
仕事帰りの疲れた気分を癒してくれる最高の曲です。

2.灰色と青
これは菅田将暉とのコラボ曲なので知名度としてはかなり高い曲です。
珍しくカラオケなどでも歌いやすい曲だと思いますので、好きな方は練習しみてはいかがでしょうか。
子供の頃の記憶がフラッシュバックして気を抜くと泣きそうになります。

3.砂の惑星
こちらは初音ミクとのコラボ曲。
アップテンポの曲ですが、がむしゃらにノリノリなわけではなく、かなりお洒落な曲調です。
ライブとかでは盛り上がりそうな曲ですので、是非聞いてみてください。
自分で歌うのはかなり難しそうですが。。

芸能カテゴリの最新記事