サッカー日本代表、新世代が躍動しアジアカップ2019決勝トーナメント進出!!

サッカー日本代表、新世代が躍動しアジアカップ2019決勝トーナメント進出!!

グループリーグを3戦3勝して、未だ負けなしの森保ジャパン。ここからはトーナメントになるため、油断はできないがこれまでの成績を考えると期待してしまう。
ワールドカップをベスト16という素晴らしい結果を残した後、ベテランに頼り過ぎず若い世代との融合を見事に実現している今の日本代表に世間の注目を集めている。

GL首位通過で、アジア王者の座を取り戻せるのか

「アジアカップなんて勝って当たり前」とワールドカップしか見ない人は行ったりもしますが、直近の2015年の大会ではベスト8止まりだった。

当時は香川真司や本田圭佑などの日本代表のスターたちが居たにも関わらず、UAEにまさかの敗退。
あの香川のPK失敗が日本中の記憶に焼き付いたため、ワールドカップでのPK成功は心の底から感動するものがありましたね。

出典:https://blueazure.jp/sacchi/sports/2015-fifa-afc-asiancup-australia-football-soccer-japan-aguirre-nagatomo-kagawa-matsuki-nakayama/7541/

前回の大会時と違い、ポジションが確定している者がほとんどいないという状況が今の代表に勢いをもたらしている。
ワールドカップ終了後からチャンスをもらった若い世代が、レギュラーの座を獲得しようと必死に結果を残そうとしているので、そのがむしゃらさがチームに良い影響を与えているのだろう。

そして勢いだけでなく、前回大会で悔しい思いをしたベテラン勢がいることによって公式戦の怖さや国際大会のプレッシャーを伝えることができるので世代間の融合は結果としていい方向に向かっているように思える。

前述したとおり、苦しい試合のなかグループリーグは3戦中3勝というこれ以上ない結果を残しているが、これからは疲労の蓄積も出てくるため毎試合ベストメンバーで挑めるかどうかわからない。
ここからが監督やスタッフの采配にかかってくる部分なので、選手達はこれまで通り全力で勝ちに行ってほしい。

絶対的エースの大迫勇也の負傷は大丈夫なのか

GLの初戦であるトルクメニスタン戦以外を欠場している日本代表の絶対的エース大迫勇也は現在故障中である。
苦しい状況の中で、細かいパスでの打開が難しい時に大迫の神業ともいえるポストプレーは日本のサッカーにおいて今や必要不可欠である。

出典:https://www.football-zone.net/archives/161705

トルクメニスタン戦で2得点を決めて、日本を救った救世主は現在別メニューでの調整が続いている。
右臀部の負傷という事もあり、ポストプレーを多用するし屈強なディフェンスを背負うFWとしては致命的である。
下手に完治しないまま強行出場すると、負傷箇所を庇って他の部位も危ないのでしっかり完治させて出場する様にしてほしい。

だがここからは負けたら終わりのトーナメント戦なので、悠長な事も言ってられないのが正直なところ。
すっかり大迫のポストプレーが日本のスタイルに根付いてしまっているこの状況を打開するのも、今後の日本代表の課題なのかもしれない。
大会中の復帰は可能との話なので期待して待ちましょう!

影の功労者、北川航也

まだ目に見える結果を残せていない北川航也。大迫とはプレースタイルがかなり異なるが、周りを生かすという意味では大迫に近いものがある。
ネット上では酷評の嵐ですが、それはどの選手でも出始めの頃は叩かれてますのであまり気にせず、自分のスタイルを貫いてほしいですね。

出典:https://web.gekisaka.jp/news/photo?news_id=264150

彼は裏への飛び出しを得意とし、ディフェンスが嫌なところに顔を出すことによってディフェンダーを引きつけ他の選手が優位にゴールを狙えるようになる。
私には黒子として貢献しているように見えるのですが、世間からは厳しい声が上がっているので、結局これを沈めるには本田のように結果を残すしかなさそうですね。

しかし、第2戦/3戦と続けて北川をスタメンで起用したという事は森保監督ももちろんこの事はわかっているはず。
この大会で結果を残せなければ、一緒に叩かれることになりそうですが全ての選手を起用して全試合で勝利という結果をもたらしていること自体、素晴らしい事だと思うのでこの姿勢は森保ジャパンとして続けて欲しいところである。

今こそ日本の総戦力を見せるとき

中島翔也の負傷による離脱から、大迫の大会中の負傷とここまで苦難が続いている日本代表。
だからこそ、選手全員チャンスがありそれをモノにしようとそれぞれの個性を出して必死になっている姿は毎試合観ていてあきません。

ベテランは若い世代の手本となるように、若い世代はベテランに負けないように。
この日本代表の姿を観ておけばきっと2022年のワールドカップがより一層楽しみになると思いますので、是非みんなで応援しましょう!

スポーツカテゴリの最新記事