感動したい時は、アニメ「暗殺教室」を観よう!

感動したい時は、アニメ「暗殺教室」を観よう!

誰でも聞いた事はあるジャンプで連載していた大人気漫画の「暗殺教室」。
あまりにもよく出来た作品であるが故に、アニメ化も実写化もされています。

完結している今だからこそ、絶対に観た方がいい

学園ものの作品で、一生時が進まない様な作品もありますがこの作品は卒業までの1年間で担任になった超危険生物である先生を殺さなければならないという目標があるため、話の進むスピードもスムーズである。

出典:https://anime.dmkt-sp.jp/animestore/ci_pc?workId=11612

エンドのE組と呼ばれ蔑まれているクラスに突如やってきた「殺せんせー」。
暗殺を通じて、人として大切なものを教えてくれる。
最初は頭を対して使っていなく、クラス一丸となって暗殺を行うといった連携もなかったが、暗殺者として成長するにつれて気づいたら学生としても成長している。

漫画の表紙などを観て、ここまで感動する話とは思いませんでしたが最高の内容を秘めた漫画でした。
その内容や人気を評価されてアニメ化はもちろん実写化もされています。

感動アニメとして、最高の作品

私もアニメから入ったのですが、人気作品によくある無駄な引き伸ばしが無く、全て最後まで必要な話が展開されます。
この完成度の高さの作品はアニメ大国である日本が誇れる作品になっているのでは無いでしょうか。

勉強が出来ず、エンドのE組と呼ばれている3年E組。
「暗殺で人生一発逆転できるから勉強はいいや」とやる気が出ない。
ほとんどの学生はきっとこの考えに行き着くであろう。

しかし暗殺のターゲットである先生が、熱心に自ら勉強を教えてその生徒の個性や得意科目を伸ばそうと様々な努力をしてくれる。

教師のわいせつ罪がたくさん起きている現在なので、教師自身もしっかりとこの作品を観た方がいいのでは無いでしょうか。

暗殺教室が人気の理由

自分の人生の恩人を最後は自分の手で殺さなければならない。
この設定がある時点で既に感動する事は間違い無いのですが、ラストシーンに行くまでにしっかりと先生と生徒、そして生徒同士も絆を深めていきます。

そして毎話飽きずに観ていられるのには、所々入れ込まれているギャグの面白さでは無いでしょうか。
このギャグの入れ加減やセンスが高くて、「感動する」という部分を忘れて作品に見入ってしまっているところで不意を疲れる様に涙を流してしまいます。

出典:https://www.huffingtonpost.jp/2015/01/23/anime-annsatukyousitu_n_6535718.html

超生物である先生が一番人間味があるれていて、教師として教職を全うしている。
教育の方針の違いから、理事長とぶつかる場面もあり暗殺者である生徒を必死で守ってくれます。

自分が学生の頃にこんな先生が居たらどんなに幸せだったでしょうか。
dアニメストアにありますので何回見ても感動するので、既に見た人ももう一度観て下さい。

アニメカテゴリの最新記事