青春野球漫画「おおきく振りかぶって」は野球を好きにさせる最高の作品

青春野球漫画「おおきく振りかぶって」は野球を好きにさせる最高の作品

この漫画を読むまでは、野球はそこまで好きではありませんでした。
野球の緻密な戦略や、圧倒的な力の差を埋めるためにどのような練習をしたらいいのか、高校野球を題材にしてこの漫画が教えてくれます。

大人気漫画である「おお振り」はどんな内容なの?

公立の新設校である西浦高校で野球部を立ち上げるところから、この作品は始まる。
他の野球漫画と違い、ありえない必殺技とかは存在せずあくまで現実的な野球を描いている。

スポーツ漫画は途中からファンタジー寄りになって、とんでもない事が起きたりしますがこの作品は現実と同じくらい非常である。
そして練習の描写が事細かに描かれているので、実際に野球をやっている人たちも楽しむことができます。

しかし、最もこの作品を読んでほしいのは私のように野球の楽しみ方がよくわからない素人の人たちです。

野球に必要な精神の持ち方、練習方法、戦術をこんなにわかりやすく教えてくれる漫画は他にはありません。
1年生しかいない新設の公立校が私立の名門を倒すにはどうするのか。

野球を楽しみたいだけではなく、勝ちたいのであれば必死で効率の良い練習をする必要がある。
その効率がどれだけ大切な事か、未だ古いしきたりが残されているイメージの野球ですが、本作ではそんなしきたりに縛られたりしません。

全力で全員を応援したくなる西浦ナイン!

とても恵まれた環境とは言えない西浦高校で、必死で頑張っている高校球児を観ているといつの間にか心の底から応援しています。
自分に自信が持てないピッチャーの三橋も、圧倒的なセンスを持つ4番の田島も。
一人一人、不足している能力を補いながら、強豪に勝つ準備を夜遅くまで毎日繰り返しています。

こんなに必死にやっていても結果が伴わない事があるのがスポーツである。
よそから選手を引っ張ってくるような高校には、やっぱり勝てない。
そんな悔しい思いも、負傷した選手の憤りも選手それぞれが細かい描写で描かれており、まるで読者自身がその場所にいるような感覚を得ることができます。

当然ですが、これだけ細かい描写を用いている作品のため進むスピードは残念ながら遅いです。
まぁ月間アフタヌーンでの連載なので、週刊漫画と比べるとどうしても待ち遠しくなってしまいますね。

出典:http://ascii.jp/elem/000/000/569/569400/

高校から野球を始めた西広君。
やはり初心者の彼はレギュラーの座を勝ち取ることはそう簡単にはできず、ベンチメンバーとしてその場所に安心していた彼ですが。
彼が出なくてはいけない場面が作中に描かれています。

もちろん練習も一生懸命やっていたのですが、どこか今の立場に安心してしまっていた。
そうした選手が公式戦の大事な場面で打席に立つシーンはどうしても泣いてしまいます。

待望のアニメ3期はいつなのか

これまでのアニメはdアニメストアにありますので、加入している方は是非観てください。
原作ではアニメの2期終了後から西浦の活躍が出てくるところが少なく、アニメにし辛い場面が多そうです。
あくまで個人的な感想ですが。

全員が2年生になり、新1年生が加入してくるようなところまで行けば3期も期待できるのですが、細かく1年間を描写しているので先はまだまだ長そうです。
なのでアニメより原作である漫画を読む事をお勧めします。

是非全員で西浦ナインを応援しましょう!!

出典:http://kc.kodansha.co.jp/title?code=1000000138

漫画カテゴリの最新記事