【MHW】アイスボーンβテストをプレイした感想を徒然なるままに書く

【MHW】アイスボーンβテストをプレイした感想を徒然なるままに書く

全世界待望のモンスターハンターワールドのG級にあたるアイスボーン。

そのβテスト版が現在遊べるので久しぶりにPS4を起動して、狩りに行きましたので感想を書きます。

大注目のアイスボーン


YouTube界でもこのβテスト版をプレイして放送する実況者の人がとても多いですね。

それほど注目度の高いモンスターハンターワールド。

ベータ版ではMHWで自分がプレイしてきたキャラクターがそのまま使えるわけでは無く、テスト版として用意されているものを使用する。

もちろんアイテムも装備も持ち込めないので、テンプレートを使用する。

これまで自分のショートカットで慣れてしまっているのでかなり厳しい戦いを強いられる。

細かいセリフや、ゲージの表記がこれまでよりみやすくなっていたり、色々な改善点が既にみられるのが嬉しいですね。

βテストでティガレックスと戦える!!

MHW発売当初から、期待されていたティガレックス。

ついに戦えます。

ソロでも挑んでみたのですが、動きは過去作と同じ動き。

こちらが死にそうになっても、回復薬を飲み暇を与えてくれない。

押せ押せのティガレックスちゃん。

グラフィックが過去作とは段違いのため、憎たらしさも異常。

咆哮の攻撃がもっと強くてかっこいいと思ったんですが、エフェクトも特に無く少し寂しさは感じたのですが、久しぶりにティガレックスに会えた感動が上回った。

太刀の弱体化がえげつない

これが一番辛かった。

太刀の醍醐味である、見切り斬りのタイミングがかなりシビアになりました。

今までのタイミングで慣れてしまっているプレーヤーは、相当アイスボーンで苦戦することになるだろう。

普段から太刀を使っている私は、この見切り斬りの判定に慣れる事なくティガレックスに敗北してしまいました。

マルチだと簡単ですが、ソロの太刀で挑むにはかなり練習が必要です。

テスト版だけなら良いのですが、本編もこれだったら武器変えるしかないかなー。

新アクションのクラッチクローがかっこいい

動画でも紹介されていますが、このクラッチクローがかっこいい。

飛びついたところに傷をつけて、肉質を柔らかくすることができます。

そして地味に嬉しいのが、抜刀した状態でもスリンガーを送出できるようになりました。

このクラッチクローでかっこよくモンスターに飛びつき、乗りまで行えたらパーティーのヒーローに慣れることは間違えありません。

アイスボーンの世界でイケメンプレーヤーになるには、このクラッチクローを使いこなすことが必須でしょう。

新マップも楽しめるぞ

雪の新マップも楽しめます。

ホットドリンクは初期装備で持っていますが、その辺に生えているトウガラシを採取すれば勝手にホットドリンクが作られます。

モンハンワールドの世界でホットドリンクを飲むのはやはり、不思議な感覚でした。

新マップでティガレックスと戦えるのですが、かなり段差が多くて敵の攻撃を回避するのが困難でした。

さらに敵の攻撃により、地形も変化するので奥が深いフィールドとなりそうです。

しかも、雪が深いゾーンに行くと足を取られて動きづらくなります。

これに慣れるのはかなり大変そうですが、大物を狩りに行くには頑張らなければ本当のハンターには慣れませんね。

早くマップを覚えて、一流のハンターを目指しましょう!!

ゲームカテゴリの最新記事