闇営業で話題の芸人、宮迫さんは復帰可能なのか?記者会見は行うのか?

闇営業で話題の芸人、宮迫さんは復帰可能なのか?記者会見は行うのか?

後輩であるカラテカ入江からの誘いを受け、芸人13人が振込詐欺集団のパーティーに出席。

雨上がり決死隊の宮迫は100万円、ロンブー亮は50万を受領した事が発覚した。

この記事はあくまで、個人的な感想です。

残念すぎる嘘


この闇営業が発覚した当初、宮迫は「金銭は受け取っていない」と言っていた。

しかし、最近100万円を受け取っていたことが発覚。

最初、後輩である入江を気遣うようなコメントをしていたが、この金銭受領によって大きく意味合いが変わってくる。

出演芸人側が金銭の受領無しに出席してれば、後輩想いの兄さんだったのだが、受け取っていた場合は後輩に全ての責任を押し付けた形になる。

そして後輩想いである事をしっかり臭わせてしまっているので、こちらも結果的に世間にとってマイナスポイントとなってしまっている。

また、謝罪文に関してもコピペ問題があります。

LINEの文書をスクショ撮って添付しただけじゃないか!と叩かれていますが、個人的にこの問題は別に大したことではないと思っています。

ただ、言い訳が少し気になりますか。

アナログ人間ですみません。

機械に弱い側の枠に入り込み、対象を広げる事により負荷を分散する高等テクニックを使用している。

これ以降叩く人間は、アナログ人間全てを叩く事になり、弱いものにマウントをとるカッコ悪い奴らに成り下がる事になる。

アナログ人間でって必要だったのかな?

そのまま、すみませんじゃだめなのかな?

そのまま謝るのは覚悟も勇気もいる。

だからこそ最大の効果があるのに。

オフホワイトから続く、言い訳の歯がゆさ

復帰してもしなくても、どちらでも大丈夫。

アメトーーク!は大好きなので、番組が終わってしまうような事になるのだったら復帰してほしい。

オフホワイトの時から思っていましたが、テレビに出演している芸人が不倫しても大半の人は不快に思わない。

一部の過激派の声がデカすぎるだけで。

不倫なんて世間ではありふれているし、知名度のあるタレントは不特定多数の人間と交流があるから数え切れないほどチャンスがある。

そんな状況に置かれて、絶対に我慢できるという男性は少ないはずだ。

もちろん、不倫は許される行為ではないが被害者でもない我々が声を荒げて怒る問題でもない。

私たちが期待しているのは、その状況を笑いに変えてほしいだけ。

肉体関係は無かったとし、周りの芸人もイジリにくい環境を作ってしまって面白くもなく、もやもやした状態で収束を迎えた。

笑いに変える実力があるのに、世間からどう見られているのか気にしすぎてピンチをチャンスに変えず、被害を小さくする事に専念する姿勢が残念でした。

嘘がバレて、結局被害拡大

嘘は良くないですね。

特に世間から注目が集まっている今に関しては。

オフホワイトの時からそうですが、肉体関係無いわけない。

金銭も受け取ってないわけない。

そんな事わかりきってる。

残念ですが今回は週刊誌により、嘘が発覚しました。

週刊誌の報じているような金額ではないと、言っていましたがそれもまた嘘。

ここまで来てしまうと、残ったコメントは「反社会的勢力とは知らなかった」という部分だけになってしまいました。

金銭を受け取っているにも関わらず、後輩芸人のカラテカ入江だけが解雇となったという事で、世間からは「いざとなったら後輩を切り捨てる」という目線でみられてしまうでしょう。

同じ吉本所属の芸人からも厳しい意見が寄せられていますが、本人には届いているのだろうか。

ミスをしてしまった時、人間の本質が問われる

これは社会人全員に言える事。

自分の部下がミスをしてしまった際、堂々と責任を取れる上司は少ないのではないでしょうか。

今回、全ての行動が裏目に出てしまい復帰は困難となってしまった。

築いてきたこれまでのイメージも崩れ去るほどにダメージはでかい。

お笑い芸人として、才能があっただけに勿体ない。

このミスを最小限に抑えるのは、辛いけど今の時代は正直に言う事。

確かに嘘をつく事は簡単であるが、簡単な道に流してくれない時代となりました。

どれだけ些細な事も嘘をつく事で肥大化してしまう。

常に最悪を想定しながら行動するように心がけよう。

記者会見はするのか?

やたら世間は謝罪会見をさせようとしていますが、もう既に遅い。

やってもおせぇよと叩かれます。

それでもやる!という心意気はこれまでの行動を振り返っても見られませんので、今すぐ行う事は無さそうですね。

ほとぼりが冷めた頃に復帰するというのが定石ですが、その頃に約束されたポジションはあるのでしょうか。

大御所との接点も多くあるため、コネを頼りに生きていくのも悪くありません。

またテレビに出演できるように最善の手を尽くしてほしいですね。

芸能カテゴリの最新記事