謝罪会見を観て、俺は宮迫と亮を応援したくなった。

謝罪会見を観て、俺は宮迫と亮を応援したくなった。

謝罪会見を全て観て、2人がこの件についてどういう意図で行動してきたかの経緯を知り、応援したくなった。

謝罪会見はやっぱり重要だった


待望の記者会見が本日7月20日に行われた。

なお、記者会見が遅れた理由についても触れられていた。

これまで記者会見を行わない事により、世間から様々な憶測が飛び交っていた。

そして駄目押しの宮迫「ギャラ飲み」という記事が週刊誌で出た事により、絶望的な立場に立たされていた。

私としては、もうここまできたら会見は行わないのだろうなと勝手に思っていました。

やはり最初の判断が間違っていた

宮迫本人が認めているように、最初に嘘をついてしまったのが世間の印象を悪くし、騒動を不必要に肥大化させてしまった。

たらればになってしまうが、もしあの時に松本人志のアドバイス通りに正直に話していたら、吉本とのマネジメント解消という最悪の事態は免れただろう。

ただ、マネジメント解消になっても記者会見を開き、自分達で本当の事を話した事により世間の好感度は間違いなく二人に傾く。

身を削って行った記者会見には、想像以上にすごい価値が生まれた。

決して二人は吉本興業を攻撃しようとした訳ではないが、「本当の事を話す」という趣旨のもとに行われた会見のため、これまでの吉本興業との経緯についても触れた。

吉本興業に世間のヘイトが集まる

ここまで素直に話してくれた二人には、これ以上の批判は集まらないだろう。

むしろ世間の興味はこの二人が所属していた吉本興業に集まる事が予想される。

それにしても記者からの質問の「現在、吉本興業についてどう思いますか?」

という質問に対して、言葉を詰まらせながら

「感謝しかないですよ」

ここスゴいかっこよかった。

二人は吉本興業と戦いたい訳ではなかったのだが、弁護士を立てた事により敵対心を持たれてしまったのでしょう。

その後は社長と直接顔を合わして会話することは叶わなかったようで、そのまま事実上の解雇となってしまいました。

個人として立派に話した二人に対して、吉本興業は企業としての答えを堂々と出さないと世間は納得しないでしょう。

今後応援したくなる素晴らしい会見だった

私は全てを知った事により、スッキリしました。

それと同時に、会見を行った二人を応援したくなりました。

これまでの長かった芸人人生をかけ、「このまま嘘を吐き続けるより、正直に話す」という選択をした二人の会見は心に刺さるものがあった。

今後の事はまだ考えていないが、引退はしないと言っていた。

コンプライアンスをやたらと気にする最近のテレビでは復帰は難しいかもしれませんが、ネットでいくらでも活躍の場はあると思います。

これまでテレビの第一線で活躍してきた二人にとっては、望む場所はやっぱりテレビに戻りたいのでしょうけど。

最高の形としては、元々のコンビに戻りそれぞれの冠番組に戻る事ができればいいのだが、まず間違いなく不可能だろう。

ロンブー亮が可哀想すぎるだろ

闇営業に行くのは、これが初めてだった。

そして反社会的勢力とは知らなかった。

ずっとギャラを受け取った事実を言いたかった。

こんないい人を罰していいのか?

相方も「個人的には解散とは思ってないから」と声をかけてくれたらしい。

本当にいいコンビ。

この人とのマネジメントを解消する事は、吉本興業としてはマイナスしか生まないように思える。

次に保身に走り痛い目を見るのは、誰になるのだろうか。

また楽しく活躍できる場所を見つけ、ロンドンブーツとして再度活動できる事を祈っています。

芸能カテゴリの最新記事