俺達ゆとり世代は選挙に行かなければならない!!危機感を持ってくれ!!

俺達ゆとり世代は選挙に行かなければならない!!危機感を持ってくれ!!

選挙や政治の話、こんな面倒くさいものに時間を割きたくはない。

しかし、自分達の未来の為に今は行っておかなくてはならない!

どこの政党がいいとか、そういう話をするつもりはない。

ただ自分で考えて、自分が良いと思った人に投票する事がどれだけ大切なのか書いていきたい。

不遇のゆとり世代


自分がゆとり世代で良かったと思った事なんか、一度も無い。

大人達が作った政策に従っていただけなのに社会に出れば「お前、ゆとりかよ!」と言われ、失敗作と罵られ続けてきました。

しかし、会社という社会に入ってみればその大人達も自分達に比べて能力が高いとはとても思えない。

そんな人口の多いだけの大人達が選挙によって作り上げてきた日本の現状をみて、もはや変えることなんてできないと諦めているのが我々ゆとり世代です。

私達が選挙に行かない理由


働き盛りとなってしまった、私達ゆとり世代。

馬鹿にされながらも過度に責任を取らされるポジションについている人も多いでしょう。

私自身、仕事が大嫌いだが手を抜いて失敗して余計に面倒臭くなるのが嫌だから仕方なく残業して仕事をこなす毎日が続いている。

そんな中、選挙の事なんか考えている余裕はあるのか?

たとえ選挙の日が休みだとしても、休みの日くらいゆっくりしていたいと、どうしても思ってしまう。

こんなに働いているのに、おっさんの上司達は飲み会で「俺たちが若い頃なんてもっと!!」なんて耳にタコが出来るほど聞いた。

正直それを聞くたびに、現代と昔を比べても仕事の効率化が進み個人のこなす仕事量は圧倒的に増えているので、今の方がキツくね?と思ってる。

言っても雰囲気悪くなるだけだし、理解してくれるとは思っていないので「へい!すげえっす!」とだけ言ってますが。。。

それでも絶対に選挙には行かねばならない!

選挙という多数決の場で、絶対数が多い上の世代に勝つことは非常に困難。

しかも投票率が圧倒的に低い私達の年代に向けたマニュフェストを言っている政治家は本当に少ない。

それでは自分を当選させる票を集められないのがわかっているからだ。

世の中を良い方向に変えたいと思って政治家になっている人はどれくらいいるのだろうか。

「当選する事だけを考えて政治家を目指しているだけじゃないのか。」

ここまで考えて選挙には行かない人はとても損をしています。

仕事があっても不在者投票は出来ますので、全員が少しの努力で選挙に行けます。

本当に消費税10%になってもいいのか!?


生まれた時から消費税などあって当たり前のものだと思っていた。

けど、その税金が何故集められているのか。何に使われているのか知らない。

消費税で集めた税金は社会福祉に使われるという話で発足したそうなのですが、実際は2割程度しか使われていなかった。

消費税は私のようにお金に余裕のない人間と大金持ちの人間に平等に税を負担する。

つまり貧乏人に厳しい税金が消費税。

消費税を引き上げることにより、法人税と所得税が安くなります。

法人税と所得税はお金持ちの人達が払う割合が高くなってしまう税金です。

この消費税引き上げを後押ししてしまっているのが今の選挙です。

このまま進めてしまって本当に私達ゆとり世代は幸せになれるのでしょうか?

自民党一強で良いと本当に思ってる!?


皆さんの投票により自民党とその傘下にいる公明党の議席を合わせて過半数を超えてしまっています。

この事態が何を引き起こすのか。

例えば「消費税を30%に引き上げたい」というガムシャラな意見もどれだけ野党が反論しようとも可決されてしまいます。

極端に言えば「戦争で世界のてっぺん取りたい」みたいな事も可決されます。

こんな状態は絶対に避けなければいけない。

違う意見が飛び交わなければならないはずなのに、同じ意見の人間ばかり当選してしまう。

オリラジ中田敦彦の動画が最高にわかりやすい

私も消費税の真実はこの動画で学びました。

私のように、政治は難しいと遠ざけていた人間にもわかりやすく解説してくれているので絶対に見た方がいい。

そもそも何故消費税が導入されたのか、そういう歴史から学ぶことにより政治にも興味が出てきて私達の投票率の底上げになるのではないでしょうか。

昔と違い、情報は簡単に手に入るようになりました。

そして情報を手に入れるのは上の年代に比べて私達の方が得意なはずです。

テレビでしか情報を得ない時代と比べてインターネットが普及した現在であるにも関わらず、こんなにも偏った意見になってしまうのは私達が投票に行かないから。。

その事をしっかりと考えた上で、自分達の事を少しでも考えてくれるような政治家に投票しましょう!!

ニュースカテゴリの最新記事