アンジャッシュ渡部の謝罪会見は日本のイジメそのものだった

アンジャッシュ渡部の謝罪会見は日本のイジメそのものだった

あんなに辛そうにしてる人間に、永遠に追い討ちをかける謝罪会見ってやる意味あるのだろうか。

確かにやった事自体は、気持ち悪いけど、大多数の人間は関係ないじゃないですか。

記者の質問内容全てがどうでもいい

せっかくだからブログの記事にしようと思って、会社からの帰りの電車でずっと謝罪会見を聞いていたのですが、質問の内容に全く興味がそそられない。

ネットニュースで年末のガキ使に出演疑惑がリークされた事について、収録が先だったのか、謝罪が先なのかという討論が長時間されました。

渡部さんは「放送前の番組に関する事はお答えできません」

記者は「否定しないという事は、謝罪より先に仕事をしたという事ですよね!?」

これの永遠ループ。

私みたいな一般人からしたら、本当にどっちでもいいのよ。

正直どんな質問に対しても「明太マヨ」で返してくれた方がスッキリする。

攻撃ができない人間に対して、一方的に攻撃を仕掛けるという学校でよくあるパターンのイジメでしたね。

我々もガキの使いできてる訳ではないので

番組の内容に関して、渡部サイドは一切口外できない。

それは私でも分かるのだから、記者の人たちは周知の内容だったのではないでしょうか。

何度もこの押し問答があった挙句、その後記者が放ったこの「我々もガキの使いで来ている訳ではないので」。

記者側の顔は写ってないので、どんな人がどんな表情で言ったのかはわからない。

このつまらないクソみたいな冗談に、会場は嘲笑の声で包まれた。

やってる事は、小学校のイジメと全く一緒だ。

やってる人間も一緒なのだろう、この言葉を言い放った側も、それを聞いて何も言い返さない渡部さんを見て笑っている人間も。

何も考えず今日に至るまで、ずっと同じ事を繰り返しているのだろう。

この緊迫した状況でお笑い芸人を前に、笑いをとったという事で、謎の自信を手に入れたのではないでしょうか。

そして最もいけないのが、あの一言に笑ってしまった周りの人間。

人が虐められている状況をわかっていないのか?

この笑っている人たちは、サンドバックが殴られている動画とかでも大爆笑なのかな。

日本国民による大嫉妬

冒頭にも書いたが、渡部さんの不倫によって生活が激変した人なんてほとんどいないのではないでしょうか。

でも、世間の怒りが治らないのは何故でしょうか。

それは嫉妬という感情以外ないでしょう。

  1. 世界的に美人の嫁
  2. 高収入
  3. 芸能界を渡り歩く才能
  4. 清潔感のあるルックス
  5. 人脈、人望

一般人からすれば、この全て渡部さんの足元にも及ばないでしょう。

こんな人間が失敗で自分たちのところまで、落ちてきたら徹底的に叩いて、2度と這い上がれない様にしたくなるのが、日本人なのかもしれません。

もう、自分が上のステージに上がる事ができないのだから、他の人も同様に底辺で生き続けてほしい。

これはカイジに出てくる班長よりもタチが悪い。

基本的に自分は顔も名前も出さずに叩くだけ叩く。

不祥事を起こした人間への否定的な意見ばかり取り上げられ、復帰できなくなってしまう。

Yahooニュースの、有名人への否定的な意見をコメントに残している人の過去のコメントを見てみましょう。

否定的なコメントをしている人って、否定しかしない。

自分が上手くいっていないから、上手くいっている人が許せないんです。

芸能人に謹慎期間なんて要らない

芸能人は過酷な人気商売です。

いくら才能があっても、運がなければ売れない。

そんな芸能人がやっと手に入れた地位や名誉を、最近は1回の不祥事で吹っ飛んでしまう事が多いですね。

そもそも人気商売なんだから、不祥事を起こしてもそのまま働き続けて良いと思います。

不祥事に厳しいスポンサーからは仕事が来なくなるし、信頼関係が壊れてしまうのは仕方がありません。

それでも仕事を任せたいと思える様な人間になる事が更生です。

それなのに、最近の主流は熱りが冷めるまで表舞台に出てこない。

所属事務所の電話番とかして頑張る。

そもそも、この謹慎中に所属事務所の電話番って、普段電話番してる人にめちゃくちゃ失礼すぎておもしろいですよね。

世間に迷惑がかかる様な上級国民ムーブしてるなら話は別ですが、渡部さんが佐々木希さんと結婚して不倫しようが、私たちの生活は何も変わらん。

それよりもガキ使のサプライズ出演をリークしたやつを私は絶対に許さない。

年末のガキ使を楽しみにしている人間がどれだけいると思ってるんだ。

この渡部さんの状況が、どんな最高の笑いに浄化されるのか見たかった。

それが、こんなクソみたいな会見で嘲笑される形になってしまった事が悔しくてしょうがない。

ニュースカテゴリの最新記事