iQOSを禁煙して一週間の個人的な感想

iQOSを禁煙して一週間の個人的な感想

タバコを吸っている人の、ほとんど全員が思っている「禁煙したい」という気持ち。

しかし、紙タバコから電子タバコにした事によって、体へのダメージが軽減される。

大きなメリットを得る代わりに、禁煙するメリットを失った事になる。

禁煙は一週間目が一番きつい

当然といえば、当然なのですが一番きついのは最初の一週間です。

もっというと最初の三日が地獄の様にきつい。

普段からストレスを抱える仕事をしている人は、ストレスを感じる瞬間に体を掻き毟る様な何とも言えない感じに襲われます。

一週間経てば、嗅覚や味覚が戻ってくると様々な文献に記載されていますが、電子タバコに移行してしまっている人は、これすらも感じられない。

喜びなしで、一週間禁煙を続けるには、相当な覚悟が必要だった。

喫煙を続ける事に、終わりが見えない

元々、紙タバコを吸っていた時から、私はヘビースモーカーでした。

そして電子タバコに移行した時から、世界が変わりました。

「無限に吸えます」

気持ち悪くならないし、喉へのキック感は紙タバコの方が当然上だからだ。

どれだけ吸っても物足りない。

ゲームやりながら1日3箱吸ってた時は、自分でも引いた。

やめるという事に前提を置くならば、紙タバコから電子タバコへの移行は絶対にやってはならない。

ただでさえ、難しい禁煙を、電子タバコにする事によって難易度が格段に上がる。

禁煙によるメリットが少ない

意外と少ない、電子タバコをやめるメリット。

少ないだけで、メリットがない事は無い。

まず一番でかいメリットとして支出が減ります。

タバコさえ止めれば、コンビニでの会計はこんなに安いのかと驚きの連続だった。

少ないメリットを最大限に活かすために、私は毎日使っていたタバコへのお金を投資信託に積立しています。

こうする事により、毎日投資額をみる楽しみが増えて、更に禁煙しなければいけないという決心の持続効果もあります。

次に行動範囲の制限がなくなる事です。

これもそこそこ、大きいメリットです。

喫煙者の人は、あまり意識していないものですが、どこでどのタイミングでタバコを吸うのか常に考えています。

どこに外出するにしても、常にタバコを吸うことを考えています。

少なくとも私はそうでした。

どこに行くにも躊躇してしまっていた、あの頃の私はもういない。

だってタバコなんてなくても生きていけるのだから。

3日目まで、常にタバコのことを考えていましたが、4日目になるとタバコの事を考える事が激減しました。

もちろん、衝動的に吸いたくなる事はありますが、手元にタバコがないので、全然諦められます。

タバコを身近なところに置くな

もしも、身近にタバコを置いていて、いつでも吸える状況を作っていたら私は何度も禁煙に失敗しています。

最も大事な事として、タバコから距離を置く事。

自然にタバコを吸いたくなくなる事なんてありません。

一定期間はニコチンの依存から、絶対に吸いたくなってしまいます。

たまに「禁煙余裕でした」とかふざけた事言ってる奴いますが、こちとらヘビースモーカーです。

難易度は人によって違うと思いますが、私の様に常にタバコを吸っている様な人間は、思い離脱症状に悩まされる事になります。

とんでもない離脱症状

意外とキツかった離脱症状。

そして、それはきっとまだ続いています。

一週間は、常に体がフワフワしていて、視界が白っぽい。

真剣に考えているつもりでも、どこか集中できない。

イライラするとタバコとの事しか考えられない。

周りの人間を傷つけながら、一週間は過ごしてください。

そこまでしても、禁煙にはメリットがあると思っています。

私たちは、タバコを吸うという過ちを一度犯してしまいました。

この過ちを、無かった事には出来ないし、いつか重い病気にかかってしまった時、やめなかった自分を許す事が出来ますか?

将来苦しんでいる自分を想像しながら、禁煙してみましょう。

日常カテゴリの最新記事