iQoSを気合で禁煙して1か月たった人間の感想を俺なりに解説する。煙草のない生活を目指せ!!

iQoSを気合で禁煙して1か月たった人間の感想を俺なりに解説する。煙草のない生活を目指せ!!

まだ吸いたくなる瞬間はある

前回1週間禁煙した感想を書きましたが、ついに1か月の大台に乗ったので記念に書きます。

これは唯一残念な部分ですが、ふとした瞬間にやっぱり吸いたくなってしまう。

味の濃い食事のあと、「何か足りない」という感覚に陥る。

あぁ~今までこのタイミングでタバコ吸ってたんだなぁ~と気持ちを押し殺す作業が発生するが、そこまで辛くはない。

多分、ここで1本でも吸ってしまっては、あの地獄のような日々の繰り返しになってしまう。

ポジティブに考えると、この1本さえ吸わなければ、非常に軽い我慢をすればよい。

どれくらいの頻度で我慢すれば良いのか

タバコをやめて3日間は、タバコのことを考えていない時間はほぼないくらい。

全く集中できないので、仕事はほとんど進まない。

朗報なのですが、このタバコを吸いたくなる感覚はどんどん頻度が少なくなっていきます。

会社を出るときに「あれ?今日タバコのこと考えてないぞ」と思い返す日も少なくない。

後はイライラしたとき、味濃い系の食後、この2点さえ乗り切れば難しくない。

ちょっと1本だけと、吸ってしまっては、あの地獄の3日間をまた味わなくてはならない。

禁煙のコツは、この3日間の苦しみを覚えておく事が重要なのかもしれない。

タバコのせいで行動に制限がかかっていた事に気付く

例えば、飛行機や新幹線などの長時間の移動

これは喫煙者にとって、考えただけでも億劫な事である。

しかし、タバコを吸わなくてよくなった今では日々の行動も積極的になってきている。

そして次にメリットを感じているのが、荷物の少なさ

どこかへ出かけるときにはスマホだけ持って出かけられるのは、かなり違和感があった。

常にiQOS本体とカートリッジ、そして充電器を携帯して出歩ていた時よりも外出におけるハードルが下がってきている。

家を出るのがめんどくさいのは変わらないが、その度合いは明らかに違っている。

メリットの方が明らかに多いが、今までヘビースモーカーだっただけにデメリットも存在する。

タバコ仲間の誘いを断るのがめんどくさい

久しぶりに会った友人や仕事先の人の「さて、タバコ吸いにいきますか!」という悪魔のささやきを断るのが割とめんどくさい。

もちろん悪気は無いのだが、「何故やめたのか」という純粋な疑問をぶつけてくるのだ。

その質問、最初のうちは普通に答えてきたが、何度もされるうちに億劫になってくる。

相手は初めての質問だろうが、こっちは何十回も応えてきた質問だからだ。

無理して笑顔で応答しているうちに、段々と自分が無理をしていることに気付く。

そして「これ、もう吸った方が楽じゃね?」と心が弱い方向に流れてしまってはおしまいです。

そしてタチが悪いことにこの質問攻めは、禁煙が一番キツイとされる最初の三日間に集中される。

これから禁煙する人には、禁煙する前に周りの人に、先に宣言をすることを強く推奨します。

あらゆる場面で手持ち無沙汰

飲み会、麻雀、パチンコ、このようなタバコと間接的に結びついている行動は最初のうちは避けておくことを進めます。

というか、最初の一週間は避けないと禁煙は無理です。

人間の意志はそんなに強くない。

この多くの場面は「他の人も吸っている、うらやましい」という感情を引き起こします。

本来タバコと吸っている人をみて「うらやましい」という感想を抱くことが間違っています。

自分もそうだったのだからわかるはずです。

喫煙者をみて抱く感情としてただしいのは「かわいそう」が正しい。

ただ、ニコチンの依存性を耐えながら、他の人が煙を吐き出している様を見てしまっては穏やかではいられない。

頑張って禁煙を成功させよう!

タバコのほとんどは税金で出来ています。

私が一番禁煙したかった理由が税金です。

私のような普通のサラリーマンをしている人もわかるはずです。

ありえないくらい税金は払っている。

給料から天引きされる税金額は恐ろしい金額になっている。

その上に普段から消費税を払って、喫煙者はさらにタバコ税を支払っている。

これでは、税金払うために働いているただの奴隷だ。

みんな好きでタバコを吸っているわけでは無く、タバコの奴隷なだけです。

身体を蝕み続けるだけの物にお金を払い続ける理由はなんだろうか。

それは、その前に吸ったタバコの依存性を癒すために過ぎない。

この輪廻を抜け、行動の制限のない新しい自分に出会うために、次の1本を吸わないというのは、簡単なハズです。

禁煙外来に行ったり、ニコチンの入っていないタバコを吸うのも良いと思いますが、私のように気合で禁煙している人の役に少しでもなれば幸いです。

日常カテゴリの最新記事