女性配信者のほしい物リストは何故嫌われるのか、個人的に考えてみた

女性配信者のほしい物リストは何故嫌われるのか、個人的に考えてみた

ほしい物リストだけが、何故嫌われてしまうのか

かなり高い割合で、amazonのほしいものリストを公開している女性配信者が存在している。

おそらく男性配信者も公開しているのだろうが、私の浅い知識の中ではやっぱり女性配信者が公開しているものだと思っている。

そして、このほしいものリストを公開するという行為を、忌み嫌う人間たちが多いことを知っているだろうか。

誕生日に生配信をして投げ銭をもらうのは正義なのに対して、ほしいものリストの公開は悪魔的悪手。

嫌われる事はあっても、好かれる事はない。

どんなものをリストに入れているのか

Twitterのプロフィールを見れば、大体傾向が掴めてくる。

その人の配信を見れば、ほしいものリストを公開しているかどうかもわかってくる。

では、その中身はどんなものなのだろうか。

これは人によって様々である。

例えばゲーム配信を中心に活動している者は、スイッチのプロコンから始まり、ゲーミングモニターまで入れている人もいる。

これはかなり強欲な場合である。

まぁ、普通のレベルだとお菓子とかそれくらいのケースも見受けられるが、1万円を超える品を入れまくっている人間もいるのだ。

絶対にいい印象は持たれない

強欲な人間がいる限り、この印象はかわらないだろう。

少しうがった見方をしてしまうと「男性視聴者に貢がせている」という見え方をしてしまうからだ。

圧倒的人気があった女性芸能人でも金持ち男性との熱愛報道があっただけで、人気が急降下してしまう。

相手が金持ちじゃなかったとしても人気は落ちるんでしょうけど、金持ちという要素が一つ乗っかるだけで、だいぶ印象が違いますよね。

こういう見え方をしている以上、同性からの人気は獲得しにくいでしょう。

少なくとも私のように、物事をまっすぐ見れない人間たちからは。

ほしいものリストは公開した方が良いのか?

個人的には、周りの反感を買いたくない人は公開しない方が良いと思います。

そういう考えではなくて、物として愛されている感がほしいなら公開した方が良い。

ただ、少なくとも高額な商品は入れない方が良い。

どんな言い訳を並べたとしても、貢いでもらっているようにしか見えず、潜在的に視聴者を失っています。

メリットもデメリットも考えた上で、ほしい物リストは公開しよう。

まぁ、人間的に好きならどんな事しても大抵の事は許せるので、小さい問題なのかもしれません。

芸能カテゴリの最新記事